譜割りを、楽譜を使わないでつかむ方法

糸先日のレッスンで
生徒さんのお渡ししたメモです。

やばい、左側が切れてる(^_^;)

中島みゆきの「糸」をやったのですが、
(この曲、ほんと人気ですねー)

譜割りが、どうもべたっと
なってしまうところがあるのです。
感情を入れたいのに、
棒読みっぽような、
いわゆる昭和っぽい
歌い方になる部分があります。

たとえば
こんなふうになってました。
1行を1拍(手拍子でひと叩きする)
で歌ってみてね。

「縦の糸はあなた~♪」
という歌詞のところ
 ||||
 たあああ
あてのい
とおはあ
★ああなあ
たあああ

★印のところ
残念(TдT) →ああなあ
○     →ああなた

わかりますかね。

コブクロの桜なんか
わかりやすい。

若い方は
普通にできるんですが、
私達の世代には
それがちょっとそれが
むずかしい方もいます。

こうなっちゃうんです。
1行を1拍(手拍子でひと叩きする)で
歌ってみてください。

「桜の花びら散るたびに~♪」
のところ

残念(TдT)

||||
さあくう
らあのお
はあなあ
びいらあ
ちいるう
たあびい
にいいい


||||
さあくら
ああのは
ああなび
いいらち
いいるた
ああびに
いいいい

母音を立てるという
言い方をしたりしますが、
じゃあ、どうやるのって言われると
難しかったりする場合、

楽譜を使わなくても
こんなふうに
丁寧にやっていきます。

子音と母音で
しっかり分けていくと
なんとなーくが
はっきりしてきます。

もちろんこう歌わなきゃ
いけないってことじゃないですよ。
最終的には
楽しく歌うのが一番です。

※メモに書いているのは、
「糸」で特に生徒さんが
ふわりが違っているところを
教えたものです。
参考のために
以下に貼っておきます。

||||
なあああ
ぜええめ
ぐうりい
ああうう
のおかを
おおおお
おおわあ
たあしい
たあちは
ああああ
なあにも
おおおお
||||

しいいい
||||
らあない


||||
どこにい
いいいい
たあああ
のおおい
||||
きてええ
きいいい
たあああ
のおおお

 

出張ボイストレーニング「どこでもボイトレ

無料メールレッスン
「自信がついて歌もうまくなっちゃう5つのステップ」

登録はこちら

詳細はこちら

Follow me!